ニュースリリース

“スポーツのまち甲子園”をもっと楽しむライフスタイルガイド
「甲子園スタイル ガイド」を7月1日(水)から配布!
〜スポーツをテーマとした甲子園エリアの活性化に向けて〜

2020年7月1日

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)は、中長期的な戦略の一つとして「魅力あふれる沿線の創造」を掲げており、甲子園エリアを重点エリアの一つと位置付けていますが、スポーツをテーマとした甲子園エリアの活性化に向けた取組みとして「甲子園スタイル ガイド」を7月1日(水)から配布します。

 甲子園エリアは、スポーツの聖地である阪神甲子園球場が位置するほか、山・川・海の自然に囲まれ、スポーツに親しみやすいエリアであることから、甲子園スタイルガイドでは、同エリアにおける「日常の暮らしにスポーツ・レジャーを取り入れた健康で豊かなライフスタイル」を「甲子園スタイル」として提案することで、同エリアを、「訪れたい」、「暮らしたい」街にすることを目指しています。

 この冊子は、潟c塔xルなどが提唱する「ジャパンエコトラック」の「六甲山・甲子園エリアルートマップ」が発行されることに合わせて、同エリアで気軽に楽しむことができるスポーツやレジャーに関する情報を中心に、甲子園エリアの魅力を発信する冊子として発行します。

 今回発行するVol.0は、ジャパンエコトラックルートマップを一部抜粋して紹介するほか、スポーツの合間に一息つける甲子園エリアのカフェやショップの紹介、更には、甲子園エリアでスポーツを楽しむ方々を紹介します。

 なお今後は、スポーツを核とした甲子園エリア活性化推進協議会(事務局:西宮市、構成員:当社、三井不動産株式会社、他)として、同エリアの活性化に向けた取組みを実施予定で、「甲子園スタイル ガイド」も協議会の取組みの一環として、更に内容を充実させて、継続的に情報発信していく予定です。

 当社では、今回の「甲子園スタイル ガイド」の発行などによるスポーツのまちとしての“甲子園エリアのブランディング”のほか、甲子園駅前広場の整備などによる365日にぎわいのある“ボールパークエリア”の形成などに今後も取り組んでいくことで、引き続き「スポーツ」をテーマとした甲子園エリアの活性化を推進してまいります。

 詳細は、次のとおりです。

 

【「甲子園スタイル ガイド」について】

 

1 vol.0 配布日  7月1日(水) 

 

2 配布場所

 阪神電車の主要駅、阪神甲子園球場、甲子園歴史館、リゾ鳴尾浜

 三井ショッピングパーク ららぽーと甲子園 総合案内所、阪神西宮おでかけ案内所 など

 

3 内  容

 @  ジャパンエコトラック公式ルートマップの一部抜粋記事

 A  甲子園エリアのカフェやショップなどのスポット情報やイベント情報

 B  甲子園エリアでスポーツを楽しむ人々の紹介

 

参考:冊子で紹介している施設(一例)

 

 

(参考)「ジャパンエコトラック 六甲山・甲子園エリアルートマップ」

 潟c塔xルなどが提唱する「トレッキングやカヤック、自転車といった人力による移動手段で、日本各地の豊かで多様な自然を体感し、地域の歴史や文化、人々との交流を楽しみながら、旅をする」という新しい旅のスタイルを提案する冊子です。今回、六甲山・甲子園版を阪神電気鉄道及び西宮市が共同で製作。西宮市を中心とした6ルートがジャパンエコトラックに登録され、ルートマップは、4月10日(金)から全国125店舗のモンベルストアで配布しています。

https://www.japanecotrack.net/

 

以 上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、601.48kバイト)